広報案内・レポート 一覧

全件表示

  • 絵画

    2016年4月19日

    西田陽二先生の「孔雀の間にて」の制作過程をご紹介

    光風会評議員の西田陽二先生の本年度光風会展主品作「孔雀の間にて」の制作過程の記録がございます。先生ご自身が制作過程をスマホで撮影されたもので、会場にて画像を拝見し大変興味深い記録なので、その場で公開のご快諾をいただきました。
    若干の画像の歪みはご容赦いただき、20枚ほどの画像をつなげてGIFアニメーションにしました。
    連続する制作過程を通して、西田先生の写実絵画の本質の一端をぜひご覧ください。

    posted by 広報係

  • 共通

    2016年4月10日

    画家の詩、詩人の絵

    本をご紹介いたします。

    『画家の詩、詩人の絵』青幻社 企画・監修 土方明司・江尻潔 定価(本体3000円+税)

    「絵と文学を一緒にしたらだめだよ」「絵には詩情がないとダメ」
     これは、美大に通っていた頃に先生から言われた言葉です。一見相反するように思えますが、今ではその真意も何となく分かってきました。さて、しかし、この問いかけに答えはあるのでしょうか?
     本書では、「画家にとっての詩とは、詩人にとっての絵とは、絵が持つ詩情とは」をテーマに近現代の64名の画家と詩人の「絵」と「詩」が紹介されています。名前を挙げると、青木繁、恩地孝四郎、村山槐多、長谷川麟二郎、山口薫、小林孝亘、高村光太郎、萩原朔太郎、宮沢賢治、西脇順三郎、中原中也、まどみちお…etc
    近代以降、それまで「姉妹芸術」として寄り添い密接に関わってきた詩と絵は、それぞれ自立したものとして考えられることで発展の歴史を辿ってきました。そういった歴史を踏まえつつ、テーマに沿って作品の「創造の探求」を再考察しています。絵と詩、ふたつを並べてみた時また新しい一面が発見できます。あまり知られていない「詩人の絵」が紹介されているのもとても魅力的です。
     
     企画・監修の一人、土方明司(ひじかた めいじ)先生は、今回、第102回 光風会展のギャラリートーク(4月17日(日)午後1時30分~
)にてお話いただきます。序文や対談をお読みいただければ先生の芸術観を垣間見ることができるのではと思います。是非この機会にご一読をお勧めします!

    (文責/広報係 結城唯善)

    posted by 広報係

  • 絵画

    2015年12月8日

    柴田仁士絵画展が瀬戸市美術館で開催されています

    12月5日より瀬戸市美術館にて、柴田仁士先生のこれまでの作品を一堂に展示した展覧会が開催されています。近年の代表的な荘厳な作品から、1960年代からの今とは違った作風の初期の作品まで、とても見ごたえのある素晴らしい企画展です。
    瀬戸市美術館へは、JR名古屋駅から東山線・名鉄瀬戸線を利用して約1時間ほどです。開催期間は2016年の1月末までですので、ぜひ多くの方にご覧いただきますようご案内いたします。
    http://www.seto-cul.jp/seto-museum/

    posted by 広報係

  • 絵画

    2015年12月1日

    都内のアトリエを撮影させていただきました

    大変ご多忙な光風会理事長の寺坂公雄先生に思いがけずもご快諾をいただき、先日都内のアトリエを撮影させていただくことができました。
    先生は1週間ほど前に八ヶ岳のアトリエでの制作を終えられ、都内に戻り休む間もなく来春の光風会展に向けてのS100号を張り終えられたところでした。キャンバスは大作から小品までどんなサイズでも市販の張りキャンバスは買われず、現在でも必ずご自身で張られます。自ら張ることによって描く前からキャンバスに自分の気持ちを込めるとのことです。
    撮影は20分ほどの予定でしたが、いろいろと芸術や制作に対する熱い思いを聞かせていただくことができ、2時間近くもお邪魔してしまいました。
    風景画、人物画、静物画の中で一番難しくそして楽しいのは風景画で、八ヶ岳のアトリエでの制作は世俗の喧騒を忘れる至福の時間であること。四季の彩りの中で太古から暮らしている日本人の情感は、世界の中で誇れる素晴らしさであるとのこと。そして、「絵を描くことは年々おもしろくなる。今日の絵に満足せず、もっともっといい絵が描けるのではないかと思えるからどんどんおもしろくなる。」と、60余年間描き続けられてなお、そう語られる先生の真摯で情熱あふれる思いに大変感銘を受けました。

    posted by 広報係

  • 絵画

    2015年11月27日

    児島新太郎先生のインタビュー掲載のご案内

    光風会評議員の児島新太郎先生のインタビューが、日展のウェブサイトに今週より掲載されています。
    ぜひ、ご覧いただきますようご案内いたします。

    http://www.nitten.or.jp/interview/2_kojima.html(外部サイト)
    作家インタビュー 日本の美をひらく ~創作の情熱~

    posted by 広報係

  • 絵画

    2015年11月19日

    寺坂公雄先生の八ヶ岳アトリエの紹介サイトのご案内

    寺坂公雄先生の八ヶ岳のアトリエを心温まるコメントとともに紹介されているブログサイトをご案内いたします。

    http://asamakai.blog.fc2.com/blog-entry-251.html(外部サイト)
    ハーブスタンド 花のつぶやき
    八ヶ岳の自然を愛する画伯「寺坂公雄先生」! - 2015.11.09

    posted by 広報係

  • 共通

    2015年11月1日

    藤森兼明先生のインタビュー掲載のご案内

    日展副理事長で光風会副理事長の藤森兼明先生のインタビューが、日展の開催に併せて下記の日展サイトに掲載されています。
    ぜひ、ご覧いただきますようご案内いたします。
    なお、今年の改組新第2回日展作品集(表紙は先生の本展出品作「アドレーション パラ ドオーロ」)にも同インタビュー記事が掲載されています。

    http://www.nitten.or.jp/interview/3_2_fujimori.html(外部サイト)
    作家インタビュー 日本の美をひらく ~創作の情熱~

    posted by 広報係

  • 工芸

    2015年10月22日

    アトリエの画像公開を快諾いただきました

    光風会工芸部名誉会員の岡部昭先生にご快諾をいただき、過日アトリエを撮影させていただくことができました。
    大型で繊細なレリーフ作品が生み出される金属加工独特な雰囲気を、特に工芸を志している若い方々に、その端緒として感じてもらえれば幸いです。

    posted by 広報係

  • 共通

    2015年8月25日

    光風会ウェブサイトのアイコンが便利です

    スマホやタブレットをご利用の方は、光風会ウェブサイトのウェブクリップアイコン(ショートカットアイコン)をホーム画面上に追加していただくと、とても便利です。
    追加の仕方は機種によって多少違いますが、以下の通りです。
    ●iPhone/iPadの場合
    Safariでこのサイトを開き、下部中央の共有ボタンを押して「ホーム画面に追加」を選び、画面右上にある「追加」を選択してください。
    ●Androidの場合
    ブラウザでこのサイトをブックマークに入れてから、ホーム画面の何もないところを長押ししてください。「ホーム画面に追加」または「ショートカットを追加(作成)」というメニューが出ますので、「ブックマーク」から光風会ウェブサイトを選択してください。
    あるいは、ブックマークの一覧を開いてこのサイトを長押しします。メニューが開きますので「ショートカットを作成」を選択してください。
    (機種によってはアイコンが表示されない場合もあります。また、操作方法が違う場合もありますのでご注意ください。)
    ひねりのないベタなデザインのアイコンですが‥、どうぞご利用ください。

    posted by 広報係

  • 絵画

    2015年8月10日

    絵画部講習会予習帳

    先日行われた第62回絵画部講習会で参加者の方がお持ちだった「予習帳」をご紹介します。
    22年前、平成5年に行われた講習会の際に、事前の案内資料に同封されていたというもので、作成者は講師をされていた桐野江節雄先生(※)。
    油絵を描く上での基本的な事柄から、道具、技術について自筆のカットも交え、入門書きとして、厳しい口調ながら温かく、非常に丁寧に解説されています。文章の端々から桐野江先生の制作論も垣間見ることができます。
    これを保管されていた方は、「私には勉強になるのでずっとシステム手帳に縮小して貼って折々に読んだりして大切にしていた」そうで、今回、長い時間を経てこうして私たちが読めることには深い感慨を覚えます。
    「一回一回生まれてはじめて描くつもりでよく見、工夫して下さい」という文言は、閉講式での寺坂公雄理事長の「乾き切らない絵の具をドロドロにしながら、ものを見て、捉えようと、色をひたすらに重ねては消すことで画面を何とかして作ろうとする。そこで生まれる具象絵画の魅力」という言葉と共に心に残りました。

    ※編集者注/桐野江節雄 (きりのえ さだお 1925年-1999年。大阪府生まれ。赤松麟作、藤本東一良に師事、東京美術学校卒。33歳のときに日本初の自作オート三輪のキャンピングカーで世界一周の写生旅行を決行。優美な人物画を得意とした。日展特選、光風会展文部科学大臣賞。1987年 日展審査員。光風会評議員。)

    posted by 広報係

全53件中 41〜50件目を表示

全53件中 41〜50件目を表示

※広報案内・レポートは広報係より投稿しています。(過去の投稿記事は5年間保管します)