最新情報・お知らせ

  • 2021年1月29日
  • 共通

第107回光風会展招待券プレゼント

第107回光風会展の招待券を先着30名にお一人様2名入場分プレゼントいたします。ハガキに住所・氏名・第107回光風会展招待券希望と明記の上、2021年3月26日(金)までに〒171-0043東京都豊島区要町1-3-4 一般社団法人光風会 招待券プレゼント係までお送りください。

  • 2021年1月15日
  • 共通

藤森兼明理事長が文化庁長官感謝状を授与されました

光風会の藤森兼明理事長は、「永年にわたり絵画の深い芸術表現を発信するとともに、文化芸術団体の要職及び後進の育成に努め、我が国の文化芸術の振興及び発展に尽力した」ことにより、文化庁長官より文化庁長官感謝状を授与されました。(1月13日報道発表)
授与式は1月14日に文化庁長官室において執り行われました。

  • 2021年1月13日
  • 共通

第107回光風会展の出品要項をアップしました

第107回光風会展の出品要項をアップしました。詳細は上の「第107回光風会展出品要項」をクリックしてご覧ください。

出品申込書(出品要項を含む)をご希望の方は、電話またはファックスにて光風会事務所までお申し込みください。メールアドレスをお持ちの方は、上の「光風会展出品申込書の送付申請フォーム」からでもお申し込みができます。
※送付申請フォームは常時SSL化(暗号化通信)に対応済みですので、個人情報などすべての通信は暗号化されています。
※スマホの設定(またはプロバイダ)によっては、稀に申請フォームから送信できない場合もありますので、予めご了承ください。

(A4公募チラシは以下よりご覧いただけます)

→download[第107回光風会展公募チラシPDF(A4両面)]

展覧会・個展情報

  • /展覧会・個展のご案内は現在ありません/

  • pick up works

    広報案内・レポート

    • 2020年9月17日
    • 工芸

    﨑長 史展 ー丸い・まぁるいー 展覧会レポート

    9月8日〜13日にギャラリー銀座にて﨑長 史 理事(﨑長以下先生)の個展が開催されました。
    﨑長先生は、毎年光風会展で紙芸による平面作品を発表されています。

    個展会場には、展覧会のタイトルにあるように、色彩鮮やかな大小の円形の形をした作品が展示されていました。
    﨑長先生に、今回なぜ丸い作品をテーマにされたのかを伺ってみました。
    すると「丸が好きというのが一番です。主人が150枚のCDを処分するというので、何かできないかと思ったのがスタートです。」とのこと。

    CDがベースになっている作品が120点展示され、大きな正円の作品の中には、LP盤(レコード)をベースにしているものもありました。
    CDやレコード盤はプラスティック製品なため、紙との相性の良い接着剤を新たに見つけ出し使用しているそうです。

    﨑長先生の作品の一つ一つはとてもユニークで、丸の外側の世界まで感じとることができます。溢れる色彩の音が聞こえてきそうな素敵な展覧会でした。

    posted by 広報係

    • 2020年5月6日
    • 共通

    持続化給付金という制度について ※6/29追記有り

    5月1日から経済産業省より「持続化給付金」の申請受付が開始されました。
    給付の対象に個人事業主が含まれていますので、個人で芸術作品を創作する「芸術家業」を営まれている方は、一度資料をチェックされてみてはいかがでしょうか。
    新型コロナウイルス感染症拡大の影響で個展や個人の絵画・工芸教室などが中止となり、昨年比で(給与収入や雑所得などを含めずに)事業収入が50%以上落ち込んだ月があることなどが条件ですが、最大100万円が申し込み後2週間程度で給付されると説明されています。
    ただし、確定申告書類や対象月の売上台帳など必要な書類も添付しないといけませんので、注意が必要です。
    制度の内容について詳しくは、「持続化給付金」事務局ホームページより各自の自己責任でご確認ください。

    【6/29追記】
    主たる収入を「雑所得」や「給与所得」で確定申告されていた個人事業主も、6月29日より新たに給付対象となりました。
    ただし、提出する必要書類が従来より多く、雇用契約によらない業務委託契約等に基づく収入に限るなど、細かな給付条件もありますのでご注意ください。

    posted by 広報係

    • 2020年5月4日
    • 共通

    制作活動は続いています!

    新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、国内では多くの文化芸術の発表が中止となり、光風会展も75年前の戦争による中断以来の中止を余儀なくされました。
    精魂込めて制作した作品をすぐに発表することが叶わず、また、毎年光風会展を楽しみにされている皆様のご期待に応えることができなかったことは、とても残念な結果となりました。
    しかしながら、このような困難な時にあっても、光風会展出品者の制作活動は絶えることなく着実に続いています。創造力を醸成させ膨らませる大切な時間を得て、今まで以上に魅力的な作品創りに取り組んでいます。
    来春再び開催する期待溢れる光風会展会場で、素敵な作品と、そして皆様に出会うことを楽しみにしています。

    posted by 広報係

    official website since 2002 access_counter adjusting