広報案内・レポート 一覧

全件表示

  • 工芸

    2018年9月29日

    岩井絹江 革工芸展 レポート

    9月22日から29日に銀座のギャラリー杉野にて、工芸部の岩井絹江会員の個展が開催されました。
    岩井会員は、光風会展で革工芸による平面作品を発表されています。
    制作方法は、木製パネルの上に土台となる皮革を貼り、花や街等、自分の表現したいものを描き、水分を吸収すると柔軟になる皮革の特性を生かしながら、「切る」「削る」「編む」「貼る」等のさまざま手法でレリーフ状に肉付けし、自分の思いを表現しています。
    今年は革工芸を始めて35年の節目の年とのこと。皮革に鮮やかな彩色を施した新たな作風を加え、感謝の思いを込めながら制作されたそうです。

    posted by 広報係

  • 工芸

    2018年9月26日

    今牧豊宏 作陶40年の歩み展レポート

    8月23日から8月28日に、長野県飯田創造館にて、工芸部の今牧豊宏評議員(以下今牧先生)の40年の歩み展が開催されました。
    今牧先生は、光風会展で陶芸作品を発表されています。
    今牧先生の窯では、作品の周囲に耐火レンガを置き、窯の中の炎の動きや流れをコントロールしながら焼成するという独自な方法をとっているそうです。
    黒い色の部分は還元焼成、赤い色の部分が酸化焼成で、今牧先生曰く「炎の痕跡を写す作業」とも言えるそうです。
    光風会展では見ることのできない貴重な平面作品や実用器を含めた90点が展示されました。

    posted by 広報係

  • 工芸

    2018年9月2日

    﨑長 史 寄贈記念作品展レポート

    7月5日から9月4日に、千葉県御宿の月の沙漠記念館(童謡「月の沙漠」の作詞で知られている加藤まさをの貴重な資料や作品が常設)にて、工芸部の﨑長史監事(以下﨑長先生)の寄贈記念作品展が開催されました。
    﨑長先生は、光風会展の他、さまざまな地域や国際展で、紙芸による平面作品を発表されています。
    長きにわたり創作活動等で縁のあった御宿町へ、作品35点を寄贈することとなり、今回町の厚意で新作を合わせ50点を展示する大きな展覧会が開催されました。
    和紙のさまざまな魅力を余すことなく表現され、中には、﨑長先生の光風会展初入選の作品や、可愛らしいデザインの手ぬぐい等も並び、バイタリティー溢れた素敵な作品展示となっていました。

    posted by 広報係

  • 絵画

    2018年8月19日

    髙田 望さんのインタビュー記事掲載のご案内

    光風会の若い世代の作家を紹介する「interview of new age」に、「美術新人賞デビュー2018※」での入選や本年度光風会展での光風会会友賞受賞など精力的に活躍されている、髙田 望さんのインタビュー記事をアップしました。ぜひ、ご覧くださいますようご案内いたします。
    (ホームページの下、またはスマホの右上メニューの「contents of contemporary」内の「interview of new age」よりご覧ください)
    ※美術雑誌『月刊美術』主催のコンクール

    posted by 広報係

  • 絵画

    2018年8月10日

    アトリエ紹介をご快諾いただきました

    光風会評議員の橋本一貫先生からアトリエ(制作現場)紹介掲載のご快諾をいただき、先般の取材での写真をアップいたしました。
    勤務先である広島市内の高校は美術系の創造表現コースがあり、分野別の美術専門教室の一つ、油絵教室の一隅がアトリエ(制作現場)となっています。
    8年間太陽に晒して作った自家製のサンシックンド・リンシード・オイル、油絵具や溶き油の経年耐久テストのファイル、小品用イーゼルとして改良されたドラフター(製図台)など、創意工夫と研究心に溢れた橋本先生の一面を知ることができた取材となりました。
    (ホームページの下、またはスマホの右上メニューの「contents of contemporary」内の「my atelier」よりご覧ください)

    posted by 広報係

  • 絵画

    2018年8月3日

    アトリエ紹介をご快諾いただきました

    光風会評議員の迫田嘉弘先生からアトリエ紹介掲載のご快諾をいただき、アトリエの写真をアップいたしました。
    アトリエは広島市街から車で20分ほどの閑静な住宅団地にあり、増改築で施された機能的なレイアウトと壁全面の有孔ボードが印象的です。
    敬慕する師の写真を常に仰ぎ見ることができるアトリエ室内は、制作空間特有の心地よい緊張感に包まれているようでした。
    (ホームページの下、またはスマホの右上メニューの「contents of contemporary」内の「my atelier」よりご覧ください)

    posted by 広報係

  • 絵画

    2018年7月28日

    アトリエ紹介をご快諾いただきました

    光風会評議員の卜部俊孝先生からアトリエ紹介掲載のご快諾をいただき、先日お伺いしました取材での写真をアップいたしました。
    毎週絵画教室を開催するオープンなアトリエと、敷地内に隣接する小品制作用のアトリエの2つの制作スペースにお邪魔いたしました。
    作品にしばしば登場するモチーフに込められた想い、壁に飾られた写真の数々やパネルに掲げられた尊敬する師の言葉など、いろいろなお話を聞かせていただき、卜部先生の温かい人柄にあらためて触れることができた取材となりました。
    (ホームページの下、またはスマホの右上メニューの「contents of contemporary」内の「my atelier」よりご覧ください)

    posted by 広報係

  • 絵画

    2018年5月20日

    髙柳 惟さんのインタビュー記事掲載のご案内

    光風会の若い世代の作家を紹介する「interview of new age」に、美術雑誌「美術の窓※」編集部による「注目の新人33人」の1人に選ばれた、髙柳 惟さんのインタビュー記事をアップしました。ぜひ、ご覧くださいますようご案内いたします。
    (ホームページの下、またはスマホの右上メニューの「contents of contemporary」内より「interview of new age」を選んでください)
    ※No.416(2018年5月号)生活の友社発行

    posted by 広報係

  • 絵画

    2018年5月13日

    森 美由希さんのインタビュー記事掲載のご案内

    光風会の若い世代の作家を紹介する「interview of new age」に、本年度光風会展で光風賞を受賞されました森美由希さんのインタビュー記事をアップしました。
    学生時代のローカルフーズの話や制作の話などを掲載していますので、ぜひ、ご覧くださいますようご案内いたします。
    (ホームページの下、またはスマホの右上メニューの「contents of contemporary」内より「interview of new age」を選んでください)

    posted by 広報係

  • 共通

    2018年5月6日

    投稿写真を掲載する項目を新設しました

    光風会ホームページのリニューアルに併せて、instagram(インスタグラム)の写真を掲載する項目を新設しました。
    光風会会員・会友の方は、各地方のさまざまな活動の情報発信だけでなく、日常の個人的なアートに関する写真も自由に掲載できます。
    専用の転送サイトにログインして投稿すると、自動的(5分以内)に本光風会ホームページに転送されます。掲載後の変更や削除も再度ログインして可能です。ログインに必要なパスワード等は、連絡所会議に参加された各地方連絡所(あるいはすでに既知の会員)、または広報係にお問い合わせください。
    なお、パスワードの管理と併せて、写真については個人情報や肖像権に十分ご注意ください。

    https://www.instagram.com/kofukai/
    https://www.instagram.com/kofukai_kougei/

    追記1
    ブラウザの広告ブロック(コンテンツブロッカー)の機能やアプリを使用すると、instagramの自動転送が表示されない場合があります。その場合にはトップページへの適用を無効にしてご覧ください。

    追記2
    光風会の投稿者はお手数ですが、投稿者あるいは投稿した地方組織等がわかるように、キャプションの末尾に丸カッコ内で、地方名(例えば(chiba))か、任意のペンネーム、あるいはユーザーネームを添えてください。

    (本項目の仕様は、instagramの今後の仕様変更によって連動して変更する場合があります。)
    (旧ホームページでの「情報交換・近況報告」の投稿仕様は終了となります。)

    posted by 広報係

全45件中 1〜10件目を表示

全45件中 1〜10件目を表示

※広報案内・レポートは広報係より投稿しています。(過去の投稿記事は5年間保管します)