最新情報・お知らせ

  • 2018年9月14日
  • 共通

この度の北海道地震により被災された皆様に 心よりお見舞い申し上げます

この度の北海道胆振東部地震により被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
北海道全域の一日も早いライフラインの復旧と、震災からの復興をお祈り申し上げます。

  • 2018年7月11日
  • 共通

この度の豪雨により被災された皆様に 心よりお見舞い申し上げます

この度の豪雨「(平成30年7月)西日本豪雨」により被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
被災地の一日も早い復旧、復興をお祈り申し上げます。

  • 2018年7月3日
  • 工芸

平成30年工芸部夏季講習会の記事をアップしました

6月26日から28日に滋賀県琵琶湖畔のホテルにて平成30年光風会工芸部夏季講習会が開催され、その記事をアップしました。
メニューの「記録資料」の「2018年光風会主催行事」よりご覧ください。
http://kofu-kai.jp/archivaldata-gyoji/year/2018shusai-gyoji (別ページで開きます)

展覧会・個展情報

  • NEW
  • 開催中
  • 工芸

砺波市美術館常設展示
工芸の秀作 宇野登子(染色)

会 期
2018年9月4日(火)〜10月21日(日)
10:00〜18:00(入館は17:30まで)
会 場
砺波市美術館
2階常設展示室2

富山県砺波市高道145-1
tel.0763-32-1001
fax.0763-32-6361
http://tonami-art-museum.jp
備 考
【観覧料】
一般 210円(160円)
小・中・高 
100円(80円)
( )内は65歳以上及び20名以上の団体料金
  • 開催中
  • 工芸

第29回光風工芸
明日へのかたち展

会 期
2018年9月20日(木)〜9月24日(月)
10:00〜18:00(最終日は17:00まで)
会 場
京都文化博物館5F 第1.2室
京都市中央区三条高倉
tel.075-222-0895(直通)
http://www.bunpaku.or.jp/
備 考
主催/京都新聞、光風会工芸部
後援/NHK京都放送局、KBS京都
  • 開催中
  • 工芸

岩井絹江 革工芸展

会 期
2018年9月22日(土)〜9月29日(土)
11:00〜18:00 (最終日〜17:00)
会 場
ギャラリー杉野
東京都中央区銀座1-5-15
tel.03-3561-1316
http://www.geocities.jp/anartgalleryjp/index1.html
  • NEW
  • 工芸

第24回
光風会工芸部長野会展

会 期
2018年9月26日(水)〜9月30日(日)
09:00〜17:00(最終日〜16:00)
会 場
松本市美術館
(市民ギャラリーA.B)

長野県松本市中央4-2-22
tel.0263-39-7400
http://matsumoto-artmuse.jp/
備 考
主催/光風会工芸部長野会
後援/長野県教育委員会 松本市教育委員会
  • 絵画

小出賀子個展
ー花と風景を描くー

会 期
2018年10月1日(月)〜10月6日(土)
11:00~19:00(最終日~16:00)
会 場
光画廊
東京都中央区銀座7-6-6
丸源ビル24 1F
tel.03-3572-1855
備 考
東京メトロ銀座駅B3出口より

pick up works

広報案内・レポート

  • 2018年9月2日
  • 工芸

﨑長 史 寄贈記念作品展レポート

7月5日から9月4日に、千葉県御宿の月の沙漠記念館(童謡「月の沙漠」の作詞で知られている加藤まさをの貴重な資料や作品が常設)にて、工芸部の﨑長史監事(以下﨑長先生)の寄贈記念作品展が開催されました。
﨑長先生は、光風会展の他、さまざまな地域や国際展で、紙芸による平面作品を発表されています。
長きにわたり創作活動等で縁のあった御宿町へ、作品35点を寄贈することとなり、今回町の厚意で新作を合わせ50点を展示する大きな展覧会が開催されました。
和紙のさまざまな魅力を余すことなく表現され、中には、﨑長先生の光風会展初入選の作品や、可愛らしいデザインの手ぬぐい等も並び、バイタリティー溢れた素敵な作品展示となっていました。

posted by 広報係

  • 2018年8月19日
  • 絵画

髙田 望さんのインタビュー記事掲載のご案内

光風会の若い世代の作家を紹介する「interview of new age」に、「美術新人賞デビュー2018※」での入選や本年度光風会展での光風会会友賞受賞など精力的に活躍されている、髙田 望さんのインタビュー記事をアップしました。ぜひ、ご覧くださいますようご案内いたします。
(ホームページの下、またはスマホの右上メニューの「contents of contemporary」内の「interview of new age」よりご覧ください)
※美術雑誌『月刊美術』主催のコンクール

posted by 広報係

  • 2018年8月10日
  • 絵画

アトリエ紹介をご快諾いただきました

光風会評議員の橋本一貫先生からアトリエ(制作現場)紹介掲載のご快諾をいただき、先般の取材での写真をアップいたしました。
勤務先である広島市内の高校は美術系の創造表現コースがあり、分野別の美術専門教室の一つ、油絵教室の一隅がアトリエ(制作現場)となっています。
8年間太陽に晒して作った自家製のサンシックンド・リンシード・オイル、油絵具や溶き油の経年耐久テストのファイル、小品用イーゼルとして改良されたドラフター(製図台)など、創意工夫と研究心に溢れた橋本先生の一面を知ることができた取材となりました。
(ホームページの下、またはスマホの右上メニューの「contents of contemporary」内の「my atelier」よりご覧ください)

posted by 広報係

official website since 2002410865 today_52 yesterday_63