光風会について about us

一般社団法人光風会理事長 挨拶 greeting

日本藝術院会員
公益社団法人日展顧問
一般社団法人光風会理事長

寺坂公雄tadao terasaka

第100回記念展を盛況に開催し、新しい歴史の出発点である第101回展から更なる発展を目指していますが、世界の経済不況・「ディスカウント・ジャパン」など、文化・美術は厳しい環境に直面しています。会員一同協力して、歴史と伝統・技術をふまえて時代に対応しなくてはなりません。

明治45年(1912年)の設立趣意書に、「私共は春がきて無意識に咲いた野の草花のようだ……隠れた無名の花を紹介する廣い花園を開拓した」とあります。「未成品だ、特別な主張や看板はない」と、謙虚に述べてあり、品格・志を高くが百年継続した要因と思います。

この精神と志を受け継ぎ後進を育てたく思います。今後ともご支援、ご教導をお願いいたします。

2015年5月27日

Member of The Japan Art Academy
Advisor to Public Interest Incorporated Association, The Japan Fine Art Exhibition
Director of General Incorporated Association, The Kofukai Art Association

tadao terasaka

The Kofukai held its 100th anniversary exhibition, a landmark in the history of the group, with great success on March 2015. We, the Kofukai are now preparing for the 101st exhibition, the starting point of a new era, with the aim of evolving our group further. However, culture and art have recently faced a difficult situation brought on by economic depression and the so-called “Discount Japan” phenomenon. Therefore, all the members of the group will have to work together to deal with the problems of our day, calling on the long history and cherished traditions of our group and exploiting its accumulated skills.

As mentioned in the Kofukai’s founding charter drawn up in 1912 ( Meiji Era ), “ We are the wild flowers that naturally begin to bloom with the coming of spring. . . and we have cultivated a new open flower garden from which the hidden, unknown flowers of talented artists will emerge.” The founding charter also states in a modest manner, “ We are incomplete and have no particular principles”.

We have consistently tried to maintain our dignity and aim high. These attitudes of the founders have enabled the Kofukai to continue for the past century. We are determined to nurture our younger members’ efforts to make the most of their predecessors’ spirit and intentions. Therefore, we would greatly appreciate your continued patronage and advice.

May 27, 2015

一般社団法人光風会 概要 outline

先達に感謝し、その情熱と志しの高さを活力にして

長い伝統がある光風会は常に文展、帝展、日展の中核として発展し、穏健と品位のある会と評されております。新しい時代の変化の中で、多彩な具象をめざす絵画部は、寺坂公雄理事長を中心に藤森 兼明、池山 阿有、杉山 吉伸、根岸 右司、長谷川 仂らを指導者として活躍しています。個性的で魅力ある石田 宗之、遠藤 原三、大谷 喜男、桑原 富一、清水 優、竹久 秀樹、西田 伸一、西房 浩二、西山 松生、町田 博文など多くの清新な作品が見られます。工芸部は岡部 昭の指導の下に丹下 健三、桂川 幸助、古庵 千恵子、羽二生 隆宏らの活躍が見られ堅実なモダニズムを追求しています。

名誉会員として絵画部では浅井 光男、石川 實、伊牟田 經正、金山 桂子、高橋 規矩治郎、長井 功、福島 隆壽、守長 雄喜、渡辺 晋、工芸部では岡部 昭、古庵 千惠子、丹下 健三、三橋 國民らが出品しております。

六本木の国立新美術館における本展後に、各地方主催の巡回展を開催。絵画部・工芸部ともに年一回講習会を開催するなど後進の育成にも力を入れています。

私たちは前進への気迫を持ち、光風会史に学び、新しい時代への対応を図り、積極的に外にも働きかけていこうと決意しています。先達に感謝し、その情熱と志しの高さを活力にして、日本の美術工芸の発展に寄与したいと思います。

(最終更新日)平成26年5月25日