光風会100回記念展(設立趣意書)

設立趣意書(1912年)

設立趣意書

  • 私共今度新に光風會と云ふ名の下に洋畫展覧會を開く事になりました 光風會と名は付けましたが舊白馬會より發刊しました雜誌光風に因むだ訳ではありません 私共名は何でも構わぬと申す主義で最初柏葉會と名付けました處が同名の會が既に古くから他に在つたことに氣が付き更に北斗會と改めました すると又偶然にも其名も立派にあるので終に光風會と極めました 
是迄の前例によりますと新に展覧會を開くに就ては多少新しい何か主張が無ければならぬことになつて居ます 實際無くても強て看板が必要だから無理にも拵へたものです 世間の人々も亦その看板の如何を見て歡迎もすれば冷遇も致します 私共も何か看板の必要は能く知つて居ます 然るに光風會には何等特別の主張とか抱負と云ふ所謂看板なるものがありません 恰度春が來て無意識に咲た野の草花の様なものです 人工で拵上げた花壇で無くて野生の草花だから花の種類は決して立派に揃つて居ません 私共は單に自分等の為の専有の花壇を造つたと云ふよりも寧ろ隠れた無名の花を自由に紹介する広い花園を開拓したのであります 既に御断りを致した通り未だ荒寥たる原野同然でありますから別に世間に発表すべき誇るに足る設備が無いかも知れません 奈何に立派なものであらうと云ふ希望を持たれる諸士には或は聊か失望を呈するかも知れません 然しそれは私共の最初からの覺悟です 唯光風會の主意が奈邊にあるかを知られたら直に御了解くださる事と存します 光風會は即ち既製品で無くて未成品だと御承知願ます 同情ある世間からの御忠告や御示導は私共出來得る限り悦んで御受を致す筈です 寧ろそれ等の御好意により追々理想に近い完全したものとする事を熱望致して居ります 兎に角私共の藝術には或は何等新しい色も匂も無く極めて月並なものだといふ誹謗は免かれぬかと思ひますが出品中には發起人以外諸先輩並びに新進作家諸君の佳作も尠からぬ事と信します 何卒以上の次第を御承知の上御高評の榮を得たいと發起人一同希望して居ります 
明治四拾五年六月 光風會發起人 中澤弘光 山本森之助 三宅克己 杉浦非水 岡野榮 小林鍾吉 跡見泰
    第1回展目録掲載の設立趣意書[複写](1912年)
  • 光風会1回展(1912年)
    左より三宅克己、中澤弘光、小林鍾吉、山本森之助、岡野 榮、三人おいて跡見 泰
  • 光風会1回展(1912年)
    左より三宅克己、中澤弘光、小林鍾吉、山本森之助、岡野 榮、三人おいて跡見 泰