my atelier

岡部 昭のアトリエ・工房

掲載日/2015年10月22日
工芸
  • a/小高い北斜面に建てられたアトリエには柔らかな光が差し込み、その中でしばし休憩をとる岡部昭先生。(編集者筆 以下同様)

    b/厚み70ミリ以上ある天然木で一枚板の頑丈な作業台の上に、道具と制作途中の真鍮板が並ぶ。

    c/モティーフの表情により使い分ける多数の打ち出し用のタガネは、その一本ずつが自らが鉄を削り作ったもの。

    d/彫金の作業は瞬時にさまざまな道具を変えながら作業を行うため、手の届く範囲に多くの道具を配置する必要がある。

    e/いつも同じ場所で彫金加工を行い、奥のオープンスペースでパーツを並べ全体を確認する。